スタッフ紹介

(一社)みなとむすぶ地域活性コミュニティ協会
プロジェクト総合企画主催

2011年より「食」をテーマに地域活性まちづくり、地域ブランディングデザイン、

食育からグルメイベントの企画プロデュースなど多岐に渡り展開しております。

2011年内閣府主催eco japan cup「地域社会雇用創造事業」の支援により協会設立

2012年「ご飯片手につまみ食い大会」農水省フードアクションニッポンアワード入賞

2014年「みなとむすぶGOHAN PROJECT」農水省フードアクションニッポンアワード入賞



高橋桂子
井の頭千人茶会実行委員長

ブランディング・デザイナー/アートディレクター・プランナー

(株)東京ベロマーケット代表取締役、 (一社)みなとむすぶ地域活性コミュニティ協会代表理事。

2005年、東京都主催「東京デザインマーケット」にてペットプロダクトデザイン受賞をきっかけにブランディングデザイン会社「東京ベロマーケット」を設立。自身の動物好きが嵩じて自社オリジナルペットブランド「Cuddly Hearts」を設立。ペット用品の商品企画開発から製造・流通販売に至るまで自身の実体験やノウハウを元に様々な企業のブランディングや広告制作、商品開発・プロダクトデザイン等に従事。2011年の震災後、内閣府主催「eco japan cup」にて地域活性まちづくり・商店街集客の公募にて日本人の主食の「お米」で日本を元気にする「GOHAN PROJECT」のスキームが採択。2012年に「(一社)みなとむすぶ地域活性コミュニティ協会」設立。「食」をテーマに地域活性・まちづくり、食育、グルメイベントの企画プロデュース、コミュニティデザイン等様々な地域や行政を絡めた地域ブランディングに従事。モノづくりとコトづくりと似て非なる2足のわらじで日本を明るく元気に盛り上げていきたい。

【主な受賞歴】

・2005年度「東京デザインマーケット」プレGマーク受賞
・2006年度グッドデザイン賞受賞(携帯バッグ型ペットトイレ)
・2009年度JIDAデザインミュージアム選定
・2009年度JILDA インダストリアル研究会の女性デザイナー認定
・2011年度eco japan cup 内閣府地域活性事業に選定。(社)みなとむすぶ地域活性コミュニティ協会設立

・2016年度シンガポールグッドデザイン賞受賞(SG MARK 2016)

・2016年 東京都西部公園緑地事務所による井の頭恩賜公園100周年記念の一般公募により「井の頭千人茶会」が採用。2017年5月にキックオフイベント開催。



溝上武志
プロジェクトディレクター、スタッフ

みなとむすぶ地域活性コミュニティ協会の起業時よりメンバーとして縁の下の力もち。

「お米」をテーマにした「みなとむすぶGOHAN PROJECT」の立ち上げメンバー。

3度のメシより「お米」が好き(?)

新米宣伝部長「おむすび君」として様々なイベントに出没中である。



中川光朗
農業戦略アドバイザー

株式会社農業経営研究所 代表取締役。

大学卒業後、都市計画専門のシンクタンクに入社し

全国の地方自治体から委託される「総合振興計画」「国土利用計画」等の調査、分析、計画策定、政策立案業務に従事。

現在は 地方自治体から委託される「農業振興計画」「農業振興地域整備計画」等の政策立案をはじめ、全国の農家の経営指導や資料作成、販路開拓まで生産~加工~流通~販売という観点に立ってトータルにコンサル指導をしている。



大森正司
特別アドバイザー(お茶博士)

大妻女子大名誉教授。

50年近く「お茶」に関する研究をはじめ、大妻女子大「お茶大学」校長など、

日本が誇るお茶博士。

特定非営利活動法人 日本食行動科学研究所 理事として、お茶、食のイベントなど主催している。

著書も多数執筆。



トップへ戻る