インフォメーション

【井の頭公園野外ステージ出演アーティスト大募集】

2018年5月2日に井の頭公園野外ステージ広場で開催します「井の頭千人茶会 Green Tea PIcnic 2018」に出演していただけるアーティストを募集いたします。

ご希望の方は下記概要をご確認の上、メールフォームにてご応募くださいませ。

尚、〆切は4月15日までとなりますが、予定出演数に達した場合は期限前に締切らせていただきます。

出演枠に限りがあるため応募多数の場合は、実行委員で選考させていただきます。

【開催概要】

◆井の頭千人茶会 Green Tea Picnic 2018

◆日時:2018年5月2日(八十八夜)10:00〜17:00

◆会場:井の頭恩賜公園野外ステージ および ステージ広場

◆JRおよび井の頭線「吉祥寺」駅より徒歩5分

◆動員予定数:5000人前後

◆来場者層:20代〜60代まで幅広い年齢層、およびファミリー層

◆入場無料

◆井の頭公園内にある徳川家康もよく「茶」を点てたといわれる「お茶の水」の湧き水を地域資源とし、茶文化・和文化啓蒙をふくめお茶や伝統文化になじみのない方達も楽しめるお茶づくしの楽しいグリーンティピクニックです。

◆基本的に機材や道具等は持ち込みでお願いします。(マイク、簡単なアンプ等は用意します)

【出演募集要項】

◆ミュージシャン(和楽器、クラシック、アコースティック等※音が響く打楽器、管楽器はNG、ロックNG)、ライブペイント、書道パフォーマンス、生け花、大道芸、落語、踊り、茶芸などジャンル問わずパフォーマンスいただける方を募集します。

◆出演条件:投げ銭 および パンフレット等ございましたら事務局で配布します

◆募集定員数:5アーティスト

◆演奏時間:15分程度

★アーティスト名、パフォーマンス内容がわかる音源、映像のURLとメンバー構成など詳細内容を記載してください。

▼申込はこちらの申込フォームよりお申込みください(4/15〆切)

http://senninchakai.com/contact

 【5/2井の頭千人茶会_ステージプログラム】

50年もの年月をお茶の研究にささげている大妻女子大名誉教授のお茶博士「大森正司」氏によるお茶講座を

2018年5月2日に井の頭千人茶会「井の頭公園野外ステージ」で行います。
また、野点エリアではかなり珍しいお茶(ギャバロン茶と黒茶<発酵茶>)もいただけます
タイムスケジュールは追ってアップします。
https://www.hoyumedia.com/co/re/tea/index.html

 

#井の頭千人茶会 #大森正司名誉教授 #お茶大学 #お茶の研究

【千人茶園ご協力のお願い】

井の頭千人茶会プロジェクトでは、
井の頭公園100周年記念企画として2016年から
お茶の苗木をみんなで育てて→たしなむまで、
今までにない発想のお茶をコミュニケーションツールとして、茶園ならぬ茶縁コミュニティを築いてまいりました。

2016年発足時の事業計画の一つに
今もすでに行っておりますが
井の頭千人茶会の苗木の育て方や製茶作りなど
ネットとリアルの場で都市農業と食育につながる開けたコミュニティ茶園を作りたいと考えてます。

このプロジェクトに賛同協力いただける
ビルオーナー様、学校関係者様、行政自治体様、神社仏閣、畑オーナー様など募集いたします❗️
一緒に循環型のコミュニティ茶園作りを作りませんか?
※まずは、井の頭近辺〜関東近辺でスタートしたいと思います。
ご縁が繋がりましたら全国展開も視野には入れております。
▼お問い合せご連絡はこちらのフォームか
info@minamusu.com まで
http://senninchakai.com/contact

 

29244424_1608084725978738_6342577062989004800_n.jpg29261771_1608084635978747_5392701369956171776_n.jpg29216476_1608084625978748_431279832517574656_n.jpg29249897_1608084689312075_3940024859286831104_n.jpg

2017年の井の頭公園100周年記念を絡めた「井の頭千人茶会キックオフイベント」の室内体験イベントで「井の頭公園で当時、徳川家康がどんな「茶」を飲んでいたのか?」という歴史を深堀り調査し謎を紐解きました。(こちらが詳細リンク)

 

そこで、創業450年の創業を誇る宇治お茶師唯一の末裔といわれる「上林春松本店」様に武将とお茶の歴史でつながった経緯があります。

上林家は、徳川家だけでなく、豊臣秀吉、古田織部...etcなど蒼々たる武将をはじめ

千利休とは利休の養女が上林家に嫁いでいるそうで、千利休とは親戚関係!?

と、名だたる武将と茶の湯に直結する由緒正しき宇治唯一の幻の茶師といわれております。

現代の茶道は「女性の習い事の1つ」といった印象がありますが、実は茶道のルーツやはじまりは武士のたしなみや娯楽であり茶道は戦国時代の武将たちのステータスだった事がうかがえます。

そして、5/2の「井の頭千人茶会 Green Tea Picnic 2018」井の頭恩賜公園野外ステージにて上林秀敏氏(上林春松本店代表)によるスペシャルトークセッションに登壇いただきます!

「武将とお茶の縁」について更に深堀したいと思います★

5/2の10:45から井の頭公園野外ステージにてトークショーを行う予定です。

皆さん是非足をお運びください。

18301443_1312376612216219_3207482585706953292_n.jpg

<上林秀敏氏プロフィール>

京都府宇治市出身。

十四代続く上林春松家の長男として1966年に生まれる。幼少より作業場の職人やお茶に慣れ親しみながら育ち、現在は創業450年・上林春松本店の代表を務める。

「温故知新」を社是とし、日本コカ・コーラ社の緑茶飲料「綾鷹」の開発協力や、スイーツなど様々な分野とのコラボレーションを行っている。

時代のニーズに沿う商品の提案を積極的に行いながら、緑茶文化を未来に伝えるため日々奮闘している。

 

全国でも一番早く新茶が出荷される地域が鹿児島県です。

はじめて鹿児島茶を飲んだ時の感想が「苦みが少なくまろやかで飲みやすい美味しいお茶」といった印象でした。湯冷まししない熱いお湯でも苦みが少なく大変美味しいお茶の味に驚きました。

その理由は、南国特有の日射量を「黒い被覆(かぶせ)」をすることで甘み成分を増加させているそうです。

これって、お抹茶の原料の「碾茶(てんちゃ)」や玉露の栽培方法に近いかと思うのですが・・・(驚)

ひと手間かける事で美味しいお茶が作られているのだなぁと関心いたしました。

摘採機100.jpg

 

そんな丁寧に作られた美味しいお茶処の鹿児島から

2018年5月2日の井の頭千人茶会へ「かごしま百円茶屋」の出店が決定いたしました。

お客様に100円で、4~5種類の鹿児島名産のお好きな御菓子を選んでいただき丁寧に抽出した香り高い鹿児島の贅沢な新茶をふるまっていただけるそうです♪かなりの太っ腹企画です。

茶葉の販売や鹿児島の特産品(郷土菓子・食品)などの販売もいたします。

P1010138_100.jpg

ぜひ、マイカップ持参で香り高く苦みが少ない美味しい鹿児島茶を堪能してくださいね★

http://www.ocha-kagoshima.jp/    

 

#井の頭公園 #井の頭千人茶会 #グリーンティピクニック #茶会 #東京 #GW

 #おでかけ #日本茶 #東京 #オリパラ #文化 #イベント #鹿児島茶 #鹿児島県 #西郷どん 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る