インフォメーション

井の頭恩賜公園100周年をお祝いし
「井の頭 千人茶会 Gree Tea Picnic」室内体験型のキックオフイベントを開催!
http://www.senninchakai.com/

徳川・お茶・和菓子アート・江戸文化・お見合いなど・・・etc

全く新しい切り口の「茶文化♥和文化 体験型室内イベント」を開催!

その他、徳川家康が鷹狩休憩時に井の頭公園で飲んでいたであろう「お茶」や特別セレクトの「和菓子スイーツ」も喫茶コーナーで存分に楽しめます。
----------------------------------------------------------
井の頭千人茶会 × 徳川と井の頭の歴史講座
「徳川鷹狩 × 井の頭の湧き水と「お茶」の秘密を紐解く会」

徳川鷹狩縁の井の頭の歴史と、公園内に家康命名の湧き水(お茶の水)で当時家康はどんな「茶」を飲んでいたのか調査解説。

■講師
渡邊 安浩<チームあか井の(井の頭公園検定1級合格者)>

●<午前の部>
10:00〜11:00(9:50受付会場)
●参加費:1000円_事前申込チケット制 
申込はこちらから
http://ptix.co/2n3rO9D

●<午後の部>
15:00〜16:00(14:50受付会場)
●参加費:1000円_事事前申込チケット制 
申込はこちらから
http://ptix.co/2n3rO9D 
----------------------------------------------------------
井の頭千人茶会 × 和菓子アートスイーツ「Sweet Hirado」

「和菓子に革命を起こした平戸より
オランダ人アーティスト×歴史ある和菓子職人のコラボレーション」

■Sweet Hiradoの紹介
“Sweet Hirado” 東西百菓之図

16C西欧文化が日本の中で最も早く到着した九州。その最も西端の島、平戸。1609年には日本で初めてのオランダ商館が設置され、外国からの様々なものが平戸を通して日本に伝えられた。その中に白砂糖があり、当時平戸藩主松浦鎮信公が立てた茶道、武家茶“鎮信流”と共に異国の菓子文化の影響を受け平戸砂糖菓子文化が花開く。
平戸はまさに日本で初めてのお菓子の島なのである。

2016年、オランダ在住の2組のクリエーター、INA-MATT(イナマット)/Roosmarijn Pallandt(ローズマライン パランド)を平戸に招き平戸の伝統、文化、自然を実際に体験し、菓子職人、三川内焼職人と共に新しい菓子文化を創作。これが、”Sweet Hirado・東西百菓之図”。

■講師
大地 千登勢<C& 代表 アーティスト・キュレーター。Sweet Hiradoプロデューサー>

●<午前の部>
11:15〜12:15(11:10受付会場)
Sweet Hiradoオリジナル和菓子スイーツと煎茶付
●参加費:3000円_事前申込チケット制(定員30人) 
申込はこちらから
http://sweethirado.peatix.com/
●<午後の部>
13:30〜14:30(13:20受付会場)
Sweet Hiradoオリジナル和菓子スイーツと煎茶付
●参加費:3000円_事前申込チケット制(定員30人) 
申込はこちらから
http://sweethirado.peatix.com/
----------------------------------------------------------

5/6「井の頭千人茶会 by 三鷹井心亭」

紳士淑女のためのお見合い座敷「ご縁茶会」〜見合いは江戸から続く和文化〜

http://goenchakai.peatix.com

紳士淑女のみなさまへ。
日本庭園がとても素敵なお屋敷で
江戸文化も学べるお見合い体験してみませんか?

 

 #井の頭公園 #婚活 #東京 #お茶 #井の頭千人茶会

----------------------------------------------------------

各詳細は追ってご紹介します!

 

トップへ戻る